荻原綾さんの看護師になるきっかけ

荻原綾さんの看護師になるきっかけ

荻原綾さんの看護師になるきっかけ 看護師になったきっかけはお母さんが看護師をやっていたので、荻原綾さんも看護師という職業を身近に感じて将来の職業にしようと決心をしました。荻原綾さんの母親は看護師をしていて小さい頃から母親の働く姿を見て育ちました。母親は夜勤もあったので荻原綾さんは夜に寂しい思いもしてきました。おばあちゃんから「お母さんは忙しいから迷惑をかけちゃだめだよ」といつも言われていました。家庭にはこのような環境があったためにいつしか将来は人を助ける仕事がしたいと思うようになりました。

人を助ける仕事と言っても様々な職業がありますが、まだ進路を迷っていたときに親戚のおじさんが癌で亡くなってしまいました。いつも優しくしてくれたおじさんの死は荻原綾さんにとって看護師になることを決定付けた出来事だったのです。小さい頃からの家庭環境と大切な人の死で、看護師になりたいんだ!という思いが強くなり高校1年生のときには看護師という進路が決定し、そこから様々な勉強をして大学へ進学することになります。

大学では看護師になりたいという志を持った学生が集まっていて、荻原綾さんは病気や怪我で心身に苦痛を感じている人の助けになりたい!と思う気持ちが強くなり、学生時代は一生懸命勉強して看護師の免許を取得し大学を卒業しています。

お知らせ

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。